...

Gingo airlite 4

安定、軽量、コンパクト

Gingo Airliteは、初心者およびレジャーパイロット向けの軽量エアバッグハーネスです。 重量も3kg未満で、このタイプでは最も軽量、コンパクトで空気力学的にも優れたハーネスの1つです。

第4世代のGingo Airliteは、前ハーネスの成功に基づいて構築されていますが、大幅な改善を提供しています。

テクニカルデータ

サイズ XS S M L XL
高さ (cm) <165 160-175 170-185 180-190 >185
重量 (kg) 2.4 2.7 2.9 3.1 3.3

新しいレベルの安定性と精度

新しいジオメトリにより、ハーネスは非常に安定して安心でき、翼をより正確に制御できます。フライト経験をスムーズに進めるための完璧なバランスを提供します。

使いやすい

Gingo Airliteは、テイクオフ、ランディング時にこれまでになく簡単に乗り降りできます。地上と空中での両方の管理が簡単で、長時間空中にいても快適に過ごすことができます。

安全でかつ空力的にも優れている

Gingo Airlite 4では、エアバッグの性能を損なうことなくプロファイルの体積を減らすことに成功。これは、あらゆる場面でのフィールドテスト、3Dモデリング、最新の落下試験機のおかげで実現しました。結果として生じる形状は、より審美的かつ空力的にも良いです。

今までと同様に軽量でコンパクト

以前のGingo Airliteは、この種の中で最も軽いハーネスの1つでしたが、今回はさらに500g軽量です! GIN Triplexシートプレートは、木製のシートプレートよりも約50%軽量でありながら耐久性に優れた高度な複合構造を備えています。外側の生地は軽くて収納可能で、摩耗と劣化に対する優れた耐性を提供します。ハーネス全体に最高品質の素材が使用されており、耐用年数の延長が保証されています。

デザイナーノート

GINテストパイロットおよびワールドカップチャンピオンのMichael Sigelは、Gingo Airlite 4の開発に関する見識を提供します。

“Gingo Airliteシリーズは、GINの最も成功したハーネスの1つです。快適で軽く、優れたプロテクトを提供します。ハーネスの第4世代では、すべてのポイントをさらに改善することができました。

セレクトしたディストリビューターやスクールと協力して、このクラスのハーネスに最適なハーネスジオメトリを見つけるために1年以上を費やしました。結果は驚くべきものです。ハーネスはすべての軸でより安定しているだけでなく、より正確です。言い換えれば、より安定して安全であると感じますし、グライダーをよりよくコントロールできます。これは、皆様がより早く進歩し、空中に長く留まり、より楽しく過ごすのに役立ちます!

また、テイクオフ後のハーネスへの滑り込み、ランディングのための抜け出しがこれまで以上に簡単になりました。 Gingo Airliteは、長時間空中にいても快適です。

独自の落下試験機のおかげで、約20gの優れた衝撃保護値を維持しながら、ハーネスの形状をより空力的に改善することができました。プレインフレーションシステムはエアバッグの形状を維持し、パイロットが飛行の最初から保護されるようにします。

再設計されたレスキューコンパートメントは、パックするのがより簡単になり、どの方向にもレスキューを引くことができます。”

ギャラリー

テクノロジー

  • new ABS webbing system offers greater stability both in rough air and also after collapses
  • 改善されたエアバッグのプレインフレーション
  • 脱落防止システムを備えた軽量バックル
  • G-シュートポケット
  • ファーストクラス(20G)エアバッグプロテクション
  • アンダーシートレスキューコンテナ
  • ルーティングとホールのあるハイドレーションパック(キャメルバック)ポケット
  • 無線ポケットルーティング
  • 2つのサイドポケット
  • リュックサックを簡単に収納できるジップ付き内側のバックポケットetc.
  • GIN Triplex seat board for durability and light weight
  • 付属品 :カラビナ、レスキューブライダル、ステッカー、GINスピードバー

Included with your harness

GIN 30mm carabiners Rescue bridle  Classic speed bar

Caution

Automatic aluminium carabiners have a limited lifetime due to metal fatigue. They must be replaced after 5 years or 500 flight hours, whichever is soonest. They should never be used between spreaders and tandem wing risers as main carabiners. They should also never be used to connect rescue systems.

Documents

マニュアル

ビデオ

Newsletter

© 2022 Gin Gliders